FC2ブログ


海に浮んだ月の裏



プロフィール


清依(きよえ)

清依(きよえ)
バナー



リンク




最近のコメント




カテゴリー




月別アーカイブ




ブログ内検索




QRコード


QRコード


RSSフィード




Contact

匿名でも届きます。
返信が必要な場合は
メールアドレスをご記入下さい。


With the moon




プラネタリウム




それは必然の 


たとえ
淡く儚いものでも

同じ時間を感じた奇跡。


それは
ふたりにとっての必然。

No.163 / 想い / Comment*6 // PageTop▲

雪の華 


To tedium~ のadieuさんとのコラボです。

この時期にぴったりな詩と画像です。

adieuさん、いつもありがとうございます。

それでは続きからどうぞ。

←and more
No.162 / コラボレーション / Comment*2 // PageTop▲

Fade out 


少しずつ薄れて行って
思い出すことさえ難しくなったら

その時はそっと沈めたらいい。


それまでたった一人で
抱え続けるだけならば
誰も悲しませたりはしないでしょう。

No.161 / 想い / Comment*6 // PageTop▲

強欲の壷 


手に入れるために
捨てるのも勇気。


無理に抱えようとするから

重くなる。
苦しくなる。

No.160 / / Comment*6 // PageTop▲

あの日の雪 


いつもは冷たいあなたが
無言でギュッと抱きしめたから

あの日から
私の心は迷ってしまった。



雪の気配の夜だった。


あなたの心に積った雪も
明日には溶けていますように。

No.159 / 想い / Comment*6 // PageTop▲

水溜り 


ゆらゆら揺れる水溜り。

光を浴びてキラキラ光る。


触れないで。
どうかその手を伸ばさないで。


真実なんか知らなくても
きっと何も変わらない。

その世界を歪ませないで。

No.158 / / Comment*6 // PageTop▲

軋む 


ぽっかり空いた 胸の奥。




心の軋む 音が聴こえる。

No.157 / / Comment*2 // PageTop▲

優しい明日 


誤魔化しながら
無理矢理合わせてきた
かみ合うはずのない歯車。


もう自由な道を行こう。

傷ついた分
優しい場所へ。


大丈夫。
きっと明日は
別々の場所で笑ってる。

No.156 / 想い / Comment*8 // PageTop▲

岐路 


最後の月が
ふたりを冷たく照らした夜に


私は全てを捨てたけど

あなたは全てを
背負って行ったのね。


No.155 / 想い / Comment*0 // PageTop▲

どこまで行っても答えも終わりもない世界の中で 


ねぇ覚えてる?

真っ青な空に
ひと筋の飛行機雲。

オレンジに染まる街並み。

少しずつ沈んで行く空に
二人で見つけた一番星。


恐れを知らない真っ直ぐな日々は

涙さえも力になったね。

No.154 / / Comment*4 // PageTop▲

A HAPPY NEW YEAR☆ 


あけましておめでとうございます。


昨年中はブログを通じて、皆様から温かいコメントをいただき
本当に救われる思いをたくさんさせていただき、
また、たくさんの方と心のやり取りができて
非常に有意義な時間を過ごすことができました♪

今年一年間もさらに皆様と仲良くして行きたいと願っております。


何かを感じ取って、刺激し合って、触れ合いながら
幸せな2009年になることをお祈りいたします。


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

No.153 / ご挨拶 / Comment*18 // PageTop▲

 Home 
アクセス解析 フリー検索 登録SEO 対策方法アクセスアップ方法