海に浮んだ月の裏



プロフィール


清依(きよえ)

清依(きよえ)
バナー



リンク




最近のコメント




カテゴリー




月別アーカイブ




ブログ内検索




QRコード


QRコード


RSSフィード




Contact

匿名でも届きます。
返信が必要な場合は
メールアドレスをご記入下さい。


With the moon




プラネタリウム




スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

028:不思議な撹乱 


あんなに乱れてた波が
不思議なほどに今は穏やか。


やっと気付いたのでしょう。


哀しい結末だとしても
ふたりが望んだ終わりならば

それはきっと
何より幸福な・・・。


     (F) http://fxx.aikotoba.jp/

No.173 / F / Comment*2 // PageTop▲

← 029:凍てついた傷は終を知らせ / Home / 027:伝えないための言葉 →


清依さん、こんばんは。

>ふたりが望んだ終わりならば
哀しいですね…。

望んでいなくても
やがて訪れる旅の終わり
待つことの苦しさを
胸に刻み付けて

心の穏やかさは
あきらめと薄れ行く記憶が
生み出した幻

僕はまだ
戻れない過去を
引きずっている

って感じかな?
僕は(笑)
2009.03.08(22:59) / URL / 青夜 / [ Edit ]



>青夜さん

こんにちは。

望まない終わり方だったとしても、
結果的にそうなってしまったということは
やはり自分の出した結論であり、最良の結果だったのだと思います。

戻れない過去を引きずっていてもいいじゃないですか。
奇跡に近い巡り会いの中で、同じ時間を感じられた思い出を
大切に心にしまって下さい。
その道程があったからこそ、今の青夜さんがいるのですから。

そしてまたいつか、素敵な言葉として表現していただけたら嬉しいです♪
2009.03.10(08:56) / URL / 清依 / [ Edit ]


Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home 
アクセス解析 フリー検索 登録SEO 対策方法アクセスアップ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。