海に浮んだ月の裏



プロフィール


清依(きよえ)

清依(きよえ)
バナー



リンク




最近のコメント




カテゴリー




月別アーカイブ




ブログ内検索




QRコード


QRコード


RSSフィード




Contact

匿名でも届きます。
返信が必要な場合は
メールアドレスをご記入下さい。


With the moon




プラネタリウム




スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

湖底 


寂しい夜風。
冷たい月。


いつだって誰かの支えになりたいのに。


胸が痛んで
自分の涙に溺れてしまう。

気持ちの渦に
重く重く沈んでしまう。



光を求めなければ
その涙は乾かない。

暗い湖底は
そんなに居心地が良いの?


日の当たらないその場所で
冷たい雨に
慣れたりしないで。

No.192 / / Comment*2 // PageTop▲

← 無口な夜 / Home / 033:一人じゃ、笑えないよ →


ラストの言葉が好きデス

>日の当たらないその場所で
>冷たい雨に
>慣れたりしないで。

日がまぶしくてどうしようもないときってあるけれど
日の下へ帰ってくることをやめてしまったら
哀しいですよね

なんとなく自分の過去に重なってみえて
心に響きました
2009.04.17(10:33) / URL / Ai / [ Edit ]



>Aiさん

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

そうなんですよね。
闇って結構居心地が良い時があるのですよね。

たまには隠れても良いですが、少しだけ休んだら、
また明るい場所で元気に笑ってもらいたいです。
日差しは元気の源ですものね☆

それにしても【湖底】を過去と言い切れるAiさんは強いですね。
Aiさんのブログを拝見したりコメントをいただく度に
どんな道程も無駄ではないのだと勇気をいただけます。

いつも本当にありがとうございます。
2009.04.17(22:47) / URL / 清依 / [ Edit ]


Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home 
アクセス解析 フリー検索 登録SEO 対策方法アクセスアップ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。